グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ




平成28年1月 冬号


平成28年 新年のご挨拶 院長 溝口明範

みなさま明けましておめでとうございます。
短かった正月休みも明け平成28年が始まりました。
 今年は申年、猿も木から落ちる事の無いように慎重にこの1年を過ごしたいと思っています。
 当院は昨年10月静岡市で2番目の「認知症疾患医療センター」に認定されました。静岡県は昨年65歳以上の高齢者が人口の27.8%となり全国平均の26.8%を超えました。静岡市はと言いますと昨年12月の発表では高齢化率27.5%、高齢者は約20万人となり静岡市もすでに超高齢化社会に突入しています。
 この高齢者20万人のうち10%、約2万人が静岡市における認知症と認定されています。この数はさらに年々増え続け団塊の世代が後期高齢者となる9年後の2025年には一体どのような数になるのでしょうか?国家レベルでの認知症対策が急がれる所以であります。
 この対策の一つとして当院が「認知症疾患医療センター」に認定されたことは静岡市や地域社会に対して当院が大きな役割を担う事になります。
 認知症になられた方々が尊厳を持って生きられるようにとの願いを込めて当院がその一助となれるように、寺田センター長をはじめ職員一同今後更に努力していく所存です。
 この1年皆さまのご多幸をお祈りしています。

病院機能の紹介~3病棟の役割~

 3病棟は男女混合の療養病棟です。患者様の多くが3か月以上の長期入院をされています。
 患者様の年齢層は様々であり、最近は認知症の患者様も増えてきました。長期入院になる背景も患者様によって様々ですが、患者様が穏やかに療養生活を送ることができるように看護を行っています。
 今年度より、病棟で行う作業療法のプログラムに力を入れています。病棟スタッフと作業療法士が協力し、患者様が楽しんで参加できるように取り組んでいます。また病棟スタッフが中心になって行うレクリエーションを毎週金曜日の午後に引き続き行っております。その季節に合わせたレクリエーションや、高齢の患者様も多く入院されていることから転倒予防体操や誤嚥予防の口腔体操も行っています。
 また、他職種カンファレンスを月1回定期的に行っています。患者様の日常生活を、維持・向上できるように入院作業療法への参加を勧めたり、様々な年齢層の患者様がみんなで楽しんでもらえるような企画を検討しています。その他にも相談員(精神保健福祉士)と意見交換をする事で、患者様一人ひとりに合わせた退院支援を検討しています。他職種と意見交換をする機会をこれからも継続していき、患者様にとってより良い援助をしていけるように協力し合っていきたいと思います。

ハートフルアート展

 11月27日から12月3日まで静岡市民文化会館で行われていたハートフルアート展に病棟の患者様5名とスタッフで見学に行きました。ハートフルアート展とは精神に障害のある方たちが、各施設や病院で制作した作品の展示会のことで年に一度行われています。当院でも各病棟やデイケア、訪問看護などで制作した作品を出展しました。
 病棟作品として『富士の四季』をテーマに4病棟が春、1病棟が夏、3病棟が秋、2病棟が冬と季節ごとの作品を患者様と一緒に制作し、大作を完成させることが出来ました。出展されていた他院や他施設の作品も素晴らしいものばかりで、皆様興味深くじっくりと見学をされていました。実際にこういうものを作ってみたいという声もあり、良い刺激になったのではないかと思います。来年度も素敵な作品に出合える事が楽しみです。

春 Spring

夏 Summer

秋 Fall

冬 Winter

スポーツ交流会

 毎年恒例の中部地区のスポーツ交流会へデイケアのメンバーが参加しました。
今回の種目は男女別の卓球とユニカールのトーナメント、フライングディスク体験と全員参加のパン食い競争です。
 卓球には当院から男性8名と女性2名が参加しました。激戦続きでしたが男女共に当院デイケアメンバーが優勝を勝ち取りました。
 午後に行われたユニカール大会では当院から3チームが出場。前回優勝チームは惜しくも2回戦で敗退となりましたが、ユニカールでも当院のデイケアチームが優勝する事ができました。
 勝った人も負けた人も、みんな楽しそうにスポーツに参加されていたように思えました。来年もメンバーの皆様と楽しみながらスポーツ交流会に参加できたらと思います。

2病棟入院作業療法 音楽喫茶の紹介

『いらっしゃいませ~。今日は何にしますか~。』
 2病棟には毎週木曜日の午前中に開店する喫茶店があります。店の名前はありません。けれども心地よい音楽が流れ、丸テーブルを囲みながら、おいしい飲み物に舌鼓を打てるお店なのです。おすすめは豊富な飲み物の種類。コーヒーも2種類から選べ、紅茶に至っては選びきれないほどのフレーバー。ココアから抹茶ラテまで様々な飲み物をご用意しております。
 ホッと一息リラックスして過ごせる時間と癒しの空間を急性期病棟の中で提供できればと。
 本日も美味しい飲み物を入れて、皆様をお待ちしております。気軽に足をお運び下さい。

楽器のあれこれ

 今回紹介する楽器は前にも紹介した事がありますが、プラスチック製の管楽器です。名前は”DooD”と言います。リードを使用したリコーダーと同じ運指で気軽に演奏できるクラリネット&サックスです。リードもプラスチック製です。音色はサックスと言うよりクラリネットのような感じです。軽くて手入れも簡単ですが、一番肝心な音がなかなか出ない。ポケットサックスの方が、音が出やすいような感じがします。こんな楽器もあります。

書道のあれこれ

心「こころ」 

 心、こころ、ココロ。
 見ることも、触ることも、難しそう。
 でも確かにここに在るもの…。
 いろいろな心を書いてみました。
 筆を持つと、緊張からか体や腕が硬くなってしまいがちです。
 そんなときは、肩や腕を回したり、ぐーんと伸びをしてリラックス。
 さあ、体全体を使って、まずは大きく自由に書いてみましょう。
 見慣れた漢字にも、新しい発見がありそうです。

俳句コーナー

 昨年もあっという間に過ぎて、気づけばまた新たな年を迎える事になりました。今回のテーマは「冬」。寒い季節ですが、この時期だからこその冬らしい素敵な作品に出会えたと思います。

『初雪の 富士を見つめて 勇み立つ』 M.S

『元旦に 四季桜みて ほほえましい』 T.A

『ぼたん雪 空と分かれる 時暗し』 二陸

『起きてから 新聞読めぬ 冬の朝』 HIROCHI