グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



Home >  診療のご案内 >  リハビリのご案内 >  作業療法について

作業療法について


作業療法とは

「こころとからだを元気に!自分らしく生きるためのリハビリテーション」です。
作業療法士は日々の生活で行われる様々な作業活動を用いて、その人の健康的な部分に働きかけ、心と体の回復を助け、自分らしい生活を再建していくための支援を行います。
作業療法は(Occupational Therapy)といい、略して『OT』(おーてぃー)と呼ばれます。

様々な作業活動

創作活動、レクリエーションゲーム、DVD鑑賞、カラオケなど様々な活動を行っております。当院では、入院中の患者様を対象に、治療の経過(急性期、回復期、維持期)に合わせた活動の提供をしております。
必要に合わせて『個別』での活動も行っています。

作業療法プログラム

各病棟の特色のあるプログラム例

1病棟 患者ミーティング・女子会(女性限定のトークタイム)
2病棟 音楽喫茶(週一回、喫茶店の開店)
3病棟 創作(季節感を取り入れた活動)・クイズ大会
4病棟 レクリエーション活動(ボウリング・パターゴルフゲームなど)

作業療法の効果

  • 定期的に活動に参加する事で、生活のリズムを整える
  • 日中に程よく活動することで、夜ぐっすりと眠れる
  • 活動の場を利用して、他の参加者と交流をすることで、コミュニケーションの練習になる
  • 興味のある活動を行うことでの気分転換やストレス発散
  • 活動を通して、自分のできる事を見つけて行くこと、自信回復や自己効力感の獲得
などなど、様々な効果が期待できます。
集団の活動が多いですが、その中での個別性を重視しています。治療の経過時期や、個人の状態により、その目的と効果は十人十色です。

活動紹介

患者ミーティング

より良い入院生活が送れる様に、日頃の入院生活での不安や疑問、困ったことなどを話し合います。
時には服薬などの勉強会も行います。

女子会

女性限定の茶話会です。
小さな悩みから、女性同士でしか話せない内容まで、幅広くお話しています。

音楽喫茶

喫茶店を開店いたします。コーヒー、紅茶、ココアに、梅昆布茶など、メニューは気まぐれな所もありますが、その種類の多さは圧巻です。急性期の病棟に必要な“癒しの空間”を提供します。

創作&勉強会

塗り絵やビーズ細工、書道に革細工などを行っています。考えることや指先を動かすことで認知症やうつ病の予防なども期待できます。また、趣味の拡大・自己表現・集中力の増加など様々な効果があります。

レク・ゲーム 

ボウリングやストラックアウト。クイズ大会やカップラーメン大会まで。
多種多様なレクを楽しく行っております。

合同活動

5階の機能回復訓練室にて行います。
症状が安定し、入院の生活から地域の生活へシフトしていく第一歩として、各病棟から一歩外に出て活動を行います。

病棟レク

看護師さんが中心となり、楽しく、季節に応じたイベントなどを行っております。

個別OT

個人個人の治療の必要性に応じて、個別の作業療法を行います。
人により行う活動は千差万別です。自己実現に向けて、体力作り・ダイエット・外出訓練・調理訓練などを行います。