グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



Home >  診療のご案内 >  心理面接、溝口SSTのご案内

心理面接、溝口SSTのご案内


心理面接について

医師からの依頼を受け、臨床心理士が言葉のやりとり主にした心理面接を1回約50分、週1回~月1回、それぞれのペースで行っています。自分の気持ちや悩みなどを言葉で表現していくことで自分自身を知り、弱点や問題点に向き合うこと、気持ちや考えを整理することなどを目指します。
自分の弱点に直面する勇気がいることであり、心理面接を受けたいという気持ちが必要となります。一人ではつらい作業になるので、一緒に向き合いながらお手伝いできればと思っています。ご希望の方は診察時に主治医にご相談ください。

溝口SSTについて

平成27年9月から、統合失調症の方を対象に通院集団精神療法「溝口SST」を始めました。臨床心理士と医師が連携を取りながらプログラムを行っています。

これまでの参加者からは、気分や行動を変えるきっかけにしたい、家族や友人との関係をよくしたい、働く前にコミュニケーションの練習をしておきたい、などの目標が聞かれています。興味を持たれた方は、病院スタッフにご相談ください。

SST(生活技能訓練)とは

自分の思っていることをより上手く伝えられるように、参加者同士で練習をします。それ以外にも、日常生活で困っている症状や身の回りの出来事についてアドバイスを送り合い、困りごとを解決する力を伸ばしていきます。(これらは再発予防に効果があると言われています)
対象 統合失調症の方
定員 約10名
日時 1クール3か月間の計12回
毎週木曜日14時00分~15時30分
料金 保険診療に基づく医療費の負担

SST参加までの流れ

●当院にかかっている方
 当院の心理士(SST担当)、もしくは主治医へご相談ください。